現在のモニター数

1,602,611人

(2016年6月6日現在)

企業登録で簡単アンケート作成!

企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。

企業登録はこちらから

ログインする

プライバシーマーク アイブリッジ株式会社は個人情報に取り組む企業を示すプライバシーマークを取得しております。

インターネットオークションについての調査

ネットオークション利用。半数以上が出品もしくは入札経験あり

リサーチプラスは、ネットユーザー300人に対し、インターネットオークションについての調査を実施。それによると、インターネットオークションにおいて出品・入札のいずれかの経験を持つユーザーは54.4%におよぶことがわかった。

その内訳としては、「商品の入札に参加した経験がある」が27.7%、「商品を出品した経験がある」2.7%で、「商品の出品・入札どちらも経験がある」のは24.0%に至った。

なお利用したことがあるオークションサイトとしては、「Yahoo!オークション」61.3%が圧倒的にトップ。次いで、大きく離れて「楽天市場」18.5%、「BIDDERS」10.9%で、その他「msnオークション」3.4%、「インフォシークオークション」1.7%等と続く。

また最近1年でネットオークションを利用した頻度を尋ねたところ、もっとも多かったのが「10回以上」とするユーザーで38.7%を占め、「2〜3回」25.8%、「1回」11.0%、「4〜5回」8.6%、「8〜9回」4.9%、「6〜7回」3.7%という結果に。また、入札経験のみを持つユーザーの頻度では「10回以上」が22.9%で最も多かったが、出品経験のみの頻度は「2〜3回」が50.0%でトップ。これらの事から、インターネットオークションを1度利用した人は比較的複数回利用を続け、特に入札については頻繁に参加する傾向は高いという事がわかる。

ネットオークションを利用する最大のメリットとしては、「いいものを安く入手できる」という声が49.7%で最も多く「いつでも好きな時に利用できる」16.0%、「珍しいものを入手できる」14.1%、「ゲーム感覚で楽しい」10.4%、「不用なものを高く買い取ってもらえる」8.6%といった声が挙がっていた。

一方、「ネットオークションの利用経験がない」45.6%のユーザーに、今後の利用意向を尋ねたところ、「だまされそうで怖い」「色んな事が報道されていて不安」「信用できない」といった理由を挙げ、「利用しないと思う」としたユーザーが46.7%で最も多い。しかし、「相手がみえないので不安だが、欲しいものが安価で手に入ると聞いたので」等の理由から「商品の入札に参加してみたい」が26.3%、「売れそうだけど自分にとって不要な品がたくさんある」から「商品を出品してみたい」としたのが9.5%。そして「商品の出品・入札ともにしてみたい」と答えたのは17.5%におよび、「初心者なのでよくわからないが、様子をみて安全だと判断できたら利用したい」「楽しそう」といった理由を挙げており、結果的には「今後利用したい」ユーザーは半数を超えている。

これらの結果から、現在、インターネットオークションの利用経験は、ある人とない人が半数程度ぐらいだが、ない人はセキュリティ面や金銭の受け渡しといった不安材料を抱えてはいるものの、半数以上が今後の利用意向を示していることがわかる。また一方、利用経験を持つユーザーにはリピーターが多く、「ネットオークション」に対する未経験者の不安は未経験者ならではのもので、多くの未経験ユーザーが参加するのは、時間の問題ではないかと考えられる。

こちらの調査データをご希望の際は、お問い合わせくださいませ。

一覧に戻る

ご不明な点や、サービスの詳細は、お問い合わせフォーム、
もしくはお電話でお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

電話番号03-5781-8480

ページ上部へ