現在のモニター数

1,602,611人

(2016年6月6日現在)

企業登録で簡単アンケート作成!

企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。

企業登録はこちらから

ログインする

プライバシーマーク アイブリッジ株式会社は個人情報に取り組む企業を示すプライバシーマークを取得しております。

プライベートでのメール友達についての調査

プライベートでのメール友達、 3割以上が「会った事はないが3回以上メール交換」

リサーチプラスは、ネットユーザー300人に対し、プライベートでのメール友達について調査を行い、その結果を発表した。

これによると、現在、「会った事はないが3回以上直接メールの交換を続けているメール友達」がいるユーザーは、35.3%。その内訳としては「1人いる」が11.3%、「2人いる」7.3%、「3人いる」5.3%だが、「4人以上」としたユーザーも11.3%存在している。またこれらメール友達とのメール交換に利用している端末では、「PCのメールのみ」が34.0%で、次いで多かったのが「主に携帯電話のメールだが、たまにPC」で18.9%。更に、「携帯電話のメールとPCのメールの両方」17.9%、「携帯電話のメールのみ」17.0%、「主にPCのメールだが、たまに携帯電話のメール」12.3%と続き、多くが主にPCを利用してメール交換している事がわかる。ちなみに、「4人以上」の人では、「携帯電話のメールとPCのメールの両方」というユーザーが多いようだ。

なおメール交換している相手の性別については、「異性と同性ともにいる」が41.5%を占め、「同性のみ」29.3%、「異性のみ」27.4%と続く。そこで、メール交換の目的を尋ねたところ、「趣味などの情報共有」とした人が49.0%で最も多かった。次いで、「普段人に話せない悩みなどの相談」22.5%、「恋人候補」16.3%、「外国語など海外への興味や勉強の為」6.1%と続くが、「なんとなく」「特に理由はない」とする声も。

メール交換を始めたキッカケとしては、「趣味などに関するWebサイトでメル友募集の公開掲示板を利用して」が32.6%でトップ。次いで「チャットサイトで話している内に仲良くなった」18.8%、「出会い系Webサイトから」11.6%、「ポータルサイトの出会いコンテンツ(フレンズ/ともだち/パーソナルズなど)から」10.9%、「オンラインゲームのコミュニケーション機能を通じて」9.4%、「新聞や雑誌のメル友募集を見てメールを出した」2.9%のほか、「知人の紹介」という声もあり、ほとんどが能動的にアクションを起こしている事がわかる。しかし中には、「アーティストグッズのオークションで落札者と仲良くなった」「自身のHP宛にメールが来た」など全くの偶然によって付き合いが続く例もあるようだ。

これらのことから、顔を合わせたことはないが恒常的にメールのやりとりをしている相手がいるインターネットユーザーは、全体の3割以上存在しており、新しいコミュニケーションの形は確実に広がりつつあると言える。

こちらの調査データをご希望の際は、お問い合わせくださいませ。

一覧に戻る

ご不明な点や、サービスの詳細は、お問い合わせフォーム、
もしくはお電話でお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

電話番号03-5781-8480

ページ上部へ