現在のモニター数

1,602,611人

(2016年6月6日現在)

企業登録で簡単アンケート作成!

企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。

企業登録はこちらから

ログインする

プライバシーマーク アイブリッジ株式会社は個人情報に取り組む企業を示すプライバシーマークを取得しております。

インターネットへの接続環境と接続端末についての調査結果

インターネットへの接続、「ネット対応テレビ」へのニーズが大

リサーチプラスは、ネットユーザー300人に対し、インターネットへの接続環境と接続端末についての調査を行い、その結果を発表した。

これによると、職場/自宅問わず現在利用しているPC台数は「1台」であるユーザーが最も多く45.0%。次いで「2台」36.3%、「3台」10.3%と台数が増えるにつれ利用率は少なくなるが、「6台以上」になると男性の利用率のみ上がる。男女を比較すると2台以上の場合、男性にくらべ女性のほうが利用率が低くく「6台以上」とする女性は男性の約1/10である事がわかった。

なおPCの所有台数では、「1台」57.3%、「2台」25.3%、「3台」7.0%などとなっており、こちらも女性では2台以上の所有率は低い。また「0台」つまり「所有はしていない」とするユーザーも全体の5.7%存在している。

PC以外で所有している、インターネットに接続できる端末を複数回答可で尋ねたところ、やはり「ネット対応携帯電話」がトップだったが、その割合は59.4%。その他では、PS2やゲームキューブ、XBOX等の「ネット対応ゲーム機器」が合わせて8.6%、「Lモード対応電話機」2.6%となっているが、「所有していない」ユーザーも21.7%を占めた。

また、それらの中で週に1回以上ネット利用しているものの上位は、「ネット対応携帯電話」53.8%、「ネット対応ゲーム機器」2.5%、「ネット対応ハードディスクビデオ」1.6%、「ネット対応テレビ」「ネット対応PDA」各1.3%。「Lモード対応電話機」は所有率に比べ利用率は0.63%と非常に低くなっている。

しかし「次に購入したいネット対応製品」を尋ねたところでは、既に所有者が多いためか「ネット対応携帯電話」は15.7%。対して「ネット対応テレビ」が台頭してきて21.0%を占めたほか、「ネット対応カーナビ」18.7%、「ネット対応PS2」17.0%、「ネット対応ハードディスクビデオ」11.0%で、地上派デジタル放送を意識してか、テレビに関するニーズが非常に高い。

またこれらの結果を見ると、「ネット対応でないものは既に持っている」と考えられるモノが多く、積極的な購買に結びつくかは難しいところと言える。

こちらの調査データをご希望の際は、お問い合わせくださいませ。

一覧に戻る

ご不明な点や、サービスの詳細は、お問い合わせフォーム、
もしくはお電話でお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

電話番号03-5781-8480

ページ上部へ