現在のモニター数

1,602,611人

(2016年6月6日現在)

企業登録で簡単アンケート作成!

企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。

企業登録はこちらから

ログインする

プライバシーマーク アイブリッジ株式会社は個人情報に取り組む企業を示すプライバシーマークを取得しております。

オンライングリーティングカードについての調査

オンライングリーティング、8割以上が利用。特に「年賀状」利用が拡大

リサーチプラスはネットユーザー300人に対して昨年にひき続き、全国のインターネットユーザー300名を対象としてオンラインのグリーティングカードについての調査を実施。その結果を発表。これによると、オンラインのグリーティングカードを「受信も送信もしたことがない」というユーザーは15.7%で、84.3%が半数以上が受信/送信などで利用経験を持っており、昨年に比べて倍近いユーザーに普及していることがわかった。

利用経験を持つユーザーの内訳としては、「受信も送信もしたことがある」が最も多く64.7%と半数以上。「受信したことはあるが、送信したことはない」15.7%、「受信したことはないが、送信したことはある」4.0%という結果になっており、実に8割が受信経験を持っていることがわかる。

そこで「送信したことがない」というユーザーにその理由を尋ねたところ、「eメールで済ませるから」との声が昨年より約10ポイント増えて34.0%、次いで昨年最も多かった「興味がない」が33.0%となっており、「どんなサイトからどう送るのか方法がわからない」11.7%、「実際のハガキやカードを送るから」10.6%、「気が付くと送る機会を逸しているから」8.5%という結果に。また昨年の調査で目立っていた「グリーティングカードが何かわからない」という意見はほとんど見られなくなっていた。

一方、送受信のいずれかのみの場合も含め、グリーティングカードサービスを利用したことのあるユーザーに、利用したサービス名を訪ねたところ、「Ynotグリーティングカード」24.3%、「楽天グリーティングカード」22.6%、「Yahoo!グリーティング」21.8%と、Yahoo!は昨年に比べてわずかならも増加しているものの、Ynotに追い抜かれた形となった。また4位以下は、「BIGLOBEグリーティングカード」10.6%、「@niftyグリーティングカード」7.5%、「ディズニーのグリーティングカード」5.0%、「ポスカグリーティングカード」1.4%、「livedoorNetCARD」0.8%という結果になっている。但し楽天はYnotの親会社でもあり、Ynotでは楽天を始めとする複数のポータルサイトにグリーティングカードサービスを提供しており、実質的にも同分野ではYnotが最も利用されているサービスと言えそうだ。

利用用途としては、「年賀状」が昨年比9ポイント増で28.0%を占め、「誕生日」24.2%(昨年24.7%)に替わってトップに。次いで、「クリスマスカード」20.0%、「特別な用事ではないが、何となく」12.4%、「暑中見舞い」10.2%、「お礼状」2.9%、「結婚祝い/報告」「入学祝い/報告」各0.7%と続いており、昨年にも増して「年末年始」はグリーティングカードの利用が最も頻繁になるシーズンになったと考えられる。

最後に、これからのグリーティングカードの利用予定を理由とともに訪ねたが、これは「特に利用する予定はない」52.0%、「積極的に利用していきたい」48.0%で昨年同様ほぼ同数だった。またその理由としては、昨年は「インターネットでのカードは心がこもっていないような気がする」との声が多かったが、今年は「普通のEメールで十分」「ブラウザを立ち上げるのが面倒」「携帯の絵文字まじりのメールで満足している」など、ネットを介することの不安/不信感よりもグリーティングカードサービス自体を必要としない傾向が見られる。一方、「積極的に利用していきたい」理由では、やはり「自分がもらった時にウレシかったので他の人にも贈ろうと思った」「普通のメールより雰囲気が出るから」「ハガキと違って無料だから」という意見が根強い。また、「急に誕生日等の記念日を思い出した時に便利」という人が多い一方で、「送信日を予め設定できるので便利だと思う」との声も存在していた。

これらのことから、この1年で「オンライングリーティングカードサービス」は多くのユーザーに認知/利用されるようになっており、インターネットにおける代表的なサービスとして普及してきたことがわかる。また、その利用用途としては「年賀状」を挙げる人が増えており、中には「年賀状こそハガキで出すべき」という考えもあるものの、男女/年代問わず「年賀状をグリーティングカードで送る」というユーザーは多く、今後の動向にも注目したい。

こちらの調査データをご希望の際は、お問い合わせくださいませ。

一覧に戻る

ご不明な点や、サービスの詳細は、お問い合わせフォーム、
もしくはお電話でお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

電話番号03-5781-8480

ページ上部へ