現在のモニター数

1,602,611人

(2016年6月6日現在)

企業登録で簡単アンケート作成!

企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。

企業登録はこちらから

ログインする

プライバシーマーク アイブリッジ株式会社は個人情報に取り組む企業を示すプライバシーマークを取得しております。

ダイエットに関する調査(ランキング)

2013年3月8日

ダイエットに関する調査

アイブリッジ株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:松田康弘)が展開するインターネットリサーチサービス“リサーチプラス”では、約160万人の自社モニター会員を活用し、全国1,000名を対象に、ダイエットに関する調査を実施いたしました。

調査対象:
全国の20歳以上の男女1,000名
調査期間:
2013年2月25日〜2013年2月25日

アンケートで「ダイエットを考えたときにまず思いつく方法は?」という質問をしたところ

  • 1位「お菓子・デザート断ち」(18.8%)
  • 2位「食事制限、栄養素のバランス」(18.3%)
  • 3位「規則正しい生活習慣」(14.0%)

となり、「ダイエット中に空腹を紛らわす方法は?」という質問では

  • 1位「寝る」(20.2%)
  • 2位「水を一気飲みする」(15.7%)
  • 3位「カロリーゼロの飴をなめる」(7.4%)

という結果になりました。

ランキング結果

ダイエットを考えたときにまず思いつく方法ランキング(単一回答)

有効回答数:1000名

順位 選択肢 割合 ()内は人数
1位 お菓子・デザート断ち 18.8%(188)
2位 食事制限、栄養素のバランス 18.3%(183)
3位 規則正しい生活習慣 14.0%(140)
4位 ジョギング 8.8%(88)
5位 炭水化物断ち 7.8%(78)
6位 断食 7.4%(74)
7位 ジムに通う 4.4%(44)
8位 エレベーター・エスカレーターを使わない 3.7%(37)
9位 燃焼系のサプリを飲む 2.7%(27)
10位 ビール断ち 2.4%(24)

ダイエット中に空腹を紛らわす方法ランキング(単一回答)

有効回答数:578名

順位 選択肢 割合 ()内は人数
1位 寝る 20.2%(117)
2位 水を一気飲みする 15.7%(91)
3位 カロリーゼロの飴をなめる 7.4%(43)
4位 炭酸水を飲む 7.1%(41)
4位 カロリーゼロのガムを噛む 7.1%(41)
6位 運動する 5.5%(32)
7位 歯を磨く 4.8%(28)
8位 テレビを見る 3.8%(22)
9位 読書する 3.5%(20)
10位 散歩する 3.1%(18)

ダイエット中に頼りにする食材ランキング(単一回答)

有効回答数:578名

順位 選択肢 割合 ()内は人数
1位 野菜類(キャベツ、レタス、ごぼうなど) 29.2%(169)
2位 豆腐、豆乳 15.9%(92)
3位 こんにゃく 13.2%(76)
4位 納豆 5.7%(33)
5位 果物類(バナナ、グレープフルーツなど) 5.4%(31)
6位 きのこ類 4.8%(28)
7位 寒天 4.3%(25)
8位 鶏ささみ肉 3.8%(22)
9位 春雨 3.3%(19)
10位 海藻類 2.6%(15)

関連アンケート

あなたは今までに「ダイエット」をしたことがある?(単一回答)

有効回答数:1000名

  • あなたは今までに「ダイエット」をしたことがある?

今までのダイエット経験上、ズバリ成功率は?(単一回答)

有効回答数:578名

  • 今までのダイエット経験上、ズバリ成功率は?

あなたはダイエット中、周囲の人には隠したいタイプ?(単一回答)

有効回答数:578名

  • あなたはダイエット中、周囲の人には隠したいタイプ?

失敗や成功を経て得た【教訓】

  • 3食適切なカロリーを摂取し、たくさん運動するべし!
  • 急激に痩せると筋肉まで細くなるので「ダイエット=体重を落とす」ではなく、体重が減らなくても
    「ダイエット=引き締める」という考えを持ったほうが、健康的な生活ができると思います。
  • 学校の成績のように、途中で全然結果が現れなくなり投げ出したくなる時期がある。
    それを乗り越えると先が見えてくること。
  • サプリメント飲用で一時的に体重は減るが、すぐにリバウンドしてしまう。
    リバウンド後はさらに体重が減りにくいような気がする。
  • スムージーでのダイエットは健康にも良く、効果がありました。
  • お酒と間食をやめればだいたい痩せる。
  • 3日以上つづけるのが大変、すぐ忘れてしまう!!
  • 空腹との戦いなので、空腹感をまぎらすために、ノンカロリーの炭酸水や適度な運動・バランスの良い食事・ストレスを
    溜めない生活が送れたら成功します。
  • ガチガチに決まりを作ってしまうとあまり成功しない。
    出来る時にやる、ぐらいな気持ちでいたほうが成功しやすかった。
  • ダイエットに成功するには強い意志が必要だと思いました。
  • 若いころはガリガリに痩せていたので太るダイエットを行なっていたが、中年を過ぎるといつの間にかメタボになっていた。
    健康は失って初めてその価値に気づく。
  • 食べないダイエットは、便秘にもなるしお肌もカサカサ、しわもできるので、
    3食食べて、やさい中心のダイエットが良いと思う
  • とにかく摂取カロリーを意識して抑える食生活を確立させることが重要です。
    また、なぜここまで体重が増えてしまったかを自分なりに分析することも必要です。
    私の場合、分析結果をもとに「寝しなに甘いものを食べない」、「食事制限するならば昼食」を実行したところ、
    約1年半で対ピーク時マイナス17kg、リバウンドなしといった状況です。成功のカギは「強い意志」ですね。
  • 太っている事を自覚する事が大事だと思う。他人や家族に、
    「太った」「太っている」とはっきり言ってもらうと、ダイエットしようとやる気が出る。
  • あれこれ手をつけずにひとつのことをできるだけ毎日頑張ってみたら効果が現れた。あとは適度な緊張感が必要!
  • いろいろサプリメントを試したが、結局は運動がいい。ストレス解消も兼ねられる。
  • お菓子の代わりに寒天ゼリーにした時は結構うまくいった。
  • お肉や淡水化物を抜いたら、肌がボロボロになってしまった。
  • 完ぺきを求めない。ほどほどを継続した方が、うまくいくと思う。
  • 運動したら痩せた気になって、食べてしまう。サプリなども同じでサプリ飲んでるからと食べてしまう
  • 空腹=辛いではなく、空腹=気持ち良いと感じれば成功します。
    目標を明確にし、そこに近付いているイメージを持って、テンションを上げていくと、体重が減りやすい気がします。
  • 若いうちは食事制限をすればすぐに元に戻ったのに、20代後半から30代くらいから、
    食事制限をしても全然戻らなくなった…。
  • 周囲に断食ダイエットをしている人がいましたが、リバウンドがひどかった。
    ただ食事量を減らすだけでなく、きちんと運動しなければならないな、と思った。
  • つらかったけどジョギングやウォーキングが一番やせた
  • ある程度スタイルを保っているときほど一生懸命になるし成功率も高いが、
    太ると自分の脂肪が邪魔して腹筋もしんどい
  • ダイエット成功への道は「意志の強さ」に限ると思う。
    運動にしても食事制限にしても目標達成するには最後まで(目標達成まで)やりきる根性がなければ
    絶対成功はありえないとつくづく過去の失敗から実感させられた。
  • なんてことがないことでもずっと続けることが大事。
    ダイエットは死ぬまで続くと思えば、無理しすぎない。決して痩せすぎることがいいことではない。
    みんながみんな細い体つきがいいわけではない。健康美と自分に合うスタイルというものが絶対ある。
    と思いながらやっている
  • 甘いものは朝やお昼時に食べて制限せず、夕食のみ気を付けるようにする。
    どうしても夜甘いものを食べたくなったら、ヨーグルトにするなどして、1ヶ月で5キロくらいは落ちました。

ダイエット中、周囲に隠す派?隠さない派??【隠す理由】は?

  • 冷やかされるから。失敗したら恥ずかしいから。
  • 宣言すると成功させないと!とプレッシャーになるので。
  • わざわざ公言することはない。淡々と努力するだけ
  • ダイエットは体に良くないから食べなよとか言われたりするのがうっとおしいから。
  • 周囲の人たちからは、普段自分が体型を気にしてなさそうに思われているから
  • ダイエットしてる、と言いながら行動が伴わないと格好悪いから。
  • 周囲に感づかれて太ったか痩せたか監視される様でキブン的に好きで無い…やはり無言実行が一番です。
    自分自身を客観的に見れますし。
  • ダイエットしていると告げて、自分が運動している様子を想像されるのが嫌。
  • いちいちそんなことを気にする程度の男かと思われたくないし、
    ダイエットに成功して突然変身でみんなをびっくりさせたい。
  • 自己管理の至らなさが恥だから

ダイエット中、周囲に隠す派?隠さない派??【隠さない理由】は?

  • 誘われたり、くれたりするのに、理由を言わないのは嫌だから。
  • 隠さず言っておけば、ランチなども気を付けるので。また新しい情報も得られるので。
  • してると言わないと、いろんなものを食べさせられるから
  • 周知の状況にすることによって、食べすぎや運動不足を指摘してもらえる。
    また、「ちょっと痩せたんじゃない?」という小さい成果を共に共感でき、停滞期なども励ましてもらえるから
  • 自分だけにしておくと、意思が弱いので、まあいっかとあきらめて食べてしまいそうだから。
  • 隠さず、宣言したほうが失敗しない。あと色々な人から情報もらえるから。
  • 隠してもダイエットに成功するわけではないし、失敗しても別に恥ずかしくないから。
  • 口に出していったほうがお菓子を勧められないし断りやすいから
  • 隠さないことによって自分にプレッシャーをかける
  • 隠さない方が、人と一緒に食事した時にも無理なく自分の食べたいものを食べたりできるから

自主調査トップに戻る

こちらの調査データをご希望の際は、お問い合わせくださいませ。

ご不明な点や、サービスの詳細は、お問い合わせフォーム、
もしくはお電話でお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

電話番号03-5781-8480

ページ上部へ